2014 年 1 月 29 日

【医療心理科】新入職者導入教育プログラムを開催しました!

今年、就職活動が絶好調の医療心理科では、

卒業学年である3年生を対象に新入職者導入教育プログラムが実施されました :pencil: :shine:

これは簡単にいうと「学校で行う新人研修」ともいえます。

多くの大学や専門学校では、

就職するためのビジネスマナーや面接練習は熱心かもしれませんが、

就職が決まった学生にこうした教育をする学校は少ないのではないでしょうか :eye: :flair:

医療心理科でも、学生の就職先や専門性を考慮したプログラムを展開しました :diamond:

.

:01: 岸田先生 「社会人としての心構え 学生と社会人の違いとは」

医療心理科の卒業生で、3年生たちにとっては大先輩にあたる方です。

創設当初の医療心理科を知っていることもあり、当時の思い出話も披露してくださいました :shine:

13年前に同じ場所に座っていた卒業生だからこその思いが、学生さんたちに届いたようです :happy:



.



.

:02: 川﨑先生 「発達障害のある方への就労支援の実際」

天王寺で発達障害者の就労100%を達成している支援施設からお招きしました :diamond:

他の事業所では見られないユニークな取り組み、ダンボールの会社もされているため、

その特性を生かした支援方法など、新しい挑戦に積極的な施設です :eye: :shine:

いつも聞いている支援とは違うユニークな考え方に、

学生たちが食い入るように聞いている姿が印象的でした :lovely:



.



.

:03: 松田先生 「医療現場での基本的マナーと法律」

医療秘書情報学科の学科長でもある松田先生からは、

秘書科直伝のマナーと法律についてレクチャーされました :diamond:

グループワークで実際に自分だったらを想像しながら取り組めたため、

教室の温度がどんどん温まっていきました((o(=´ー`=o)(o=´ー`=)o)) :heart02:



.

:04: 興梠先生 「基本マナー実践講座」

元航空会社の客室乗務員であり、

医療心理科のマナー講師も勤めてくださる興梠先生からは、マナーを実践形式で教わりました。

お辞儀の角度、名刺交換の仕方、表情の作り方など、

これまでも教わったかもしれませんが、「さあ就職直前!」という今のタイミングだからこそ、

本当に頭に入り、真剣に練習できるようです :diamond:

教室が笑顔と歓声でにぎやかになりました :wink: :shine:



.



.

:05: 茂野先生 「国家試験の勉強方法と1年目の過ごし方」

最後を飾るのは昨年と同様、近年の卒業生で精神保健福祉士でもある茂野さんです。

ここでは学生たちが春からの(正確には今日からの!)

勉強の仕方、1年目の仕事への取り組み方、1年目の年間の流れ、

女性ならではのキャリアの考え方を自由質問形式で聞くことができました :happy:

茂野さんの温かい雰囲気や話し方も学生たちの見本になってくれると思います :good:



.



.

<参加学生の声>

:D 「名刺交換など実践的に出来たのがよかったです。」

;) 「就職が決まる前と決まったあとでは、同じ話を聞いても響きが全然違いますね!」

:lol:後期試験も終わりますし、さあ卒業だ!って感じがしてきました。」

.

医療心理科に興味のある方はこちら >>>医療心理科<<<

子ども・保育士に興味のある方はこちら >>>児童カウンセリング専攻<<<