2014 年 5 月 14 日

中国から短期研修生が来校しました♪

本日、中国の上海医療器械高等専科学校から37名の短期研修生が来校しました。

本校と同じく医療分野を目指す学生さんですので、

とても意識が高く、本校での授業や実習の様子を熱心にメモを取っていました。

まずは本校の薬業科の実習室で一番反応が大きかったのは、

サイの角。



サイの角は伊勢海老と配合すると「はしか」の治療に効くのです。

中国では日本の「ムヒ」や「正露丸」がよく出回っているとのことです。

参考までに、中国版ムヒです↓


続いて、臨床検査技師科の実習室では様々な検査の体験をしました。

超音波検査、肺活量検査、聴力検査は実際に中国の学生さんもチャレンジしました。





最後に鍼灸師学科鍼灸健康美容学科の鍼灸センターでは日本のはりと中国のはりの違いについて、お話しました。



中国では日本よりもかなり太くて長いはりを使うのだそうです。

日本のはりは髪の毛よりも細いものも多く、刺した痛みが感じられないのですが、

中国では「チクッ」っとする痛みが効く感じがするようです。

国境を越えて、治療方法にも違いがあるのですね。

本校は国際教育の一貫として、中国やアメリカへの海外研修にも参加できます。

ご興味のある方はぜひ、本校のオープンキャンパスも覗いてみてくださいね♪

お申込みは、こちらから!

今すぐチェック(σ・∀・)σ :shine: