2014 年 5 月 19 日

【薬業科】薬の世界での豆知識♪

みなさん、こんにちは :happy:

薬業科佐藤です :scissors:



さて、突然ですが質問です :sign02: (ジャジャン!!)



Q:ニンジン(人参)といえば?

A:ウサギが好きな野菜=人参





確かにそうなのですが :flair:

薬の世界では、ニンジン(人参)というのは薬用のニンジンを指します。





オホンッ :dash:

え~~いつものブログとは雰囲気を変えて

ちょっと博士風に気取りますよ :sign01:

まずは歴史から :paper:

ウサギが好きな人参(食用ニンジン)が日本に入ってくるのは明治時代までさかのぼります。

しかし、この頃はまったく売れませんでした :sweat02:

そこで、八百屋さんは形が少し似ているということで

薬用の高級生薬(しょうやく)である「ニンジン」という名前にして売ったところ

売り上げが上がったのが始まりなのです :up:

中国では、食用ニンジンは「胡萝卜」とされ、まったく別の名前で流通しています。

ちなみに、現在の薬用人参は全て栽培品で、希に野生人参が発見されると

1本数億円という値段が付く貴重品です :sweat01:



実はこんなに奥が深い人参 :sign02:

薬業科ではこのように、漢方に携わる勉強もします :sign02:

是非、本校にある薬用人参を見学に来てくださいね :run:







学科の詳しい情報はこちら  >>> 薬業科 <<<

資格取得の取り組みはこちら >>> 資 格 <<<