2014 年 8 月 29 日

【東洋医療技術教員養成学科】岡村麻生先生著が学術雑誌に掲載!





みなさんこんにちは

東洋医療技術教員養成学科の奈良です。

さて今回はとってもうれしいニュースです。

本校の卒業生の岡村麻生先生が書かれた

「腰痛患者におけるトリガーポントの選穴の検者間信頼性テスト〔翻訳〕」が,鍼灸OSAKAに掲載されました :happy:

今回の論文は遡ること,岡村先生が教員養成学科学生時代に海外論文調査研究を行っていたものです :shine:

今後の鍼灸業界に意義深い論文です。

卒業後も意欲的な研究活動 :pencil:

海外での鍼灸医療の貴重な学術論文の翻訳紹介は少なく,非常に貴重な文章です :sign02:

 

論文内容:

「この研究の目的は,腰痛患者の腰椎周辺部のトリガーポント存在の評価に対する検者間信頼性を測定することである.TravellSimonsによって説明されている6個のトリガーポントについて研究を行った.ランダムにペアーを組まれ,50名の患者に対して197個のトリガーポントを調べた.信頼性を説明する為に,kappa係数,パーセント一致,肯定的一致率の所見,否定的一致率の所見を使用した.Kappa値は0.29-0.38,パーセント一致は76-79%Ppos0.43-0.52であった.KappaPpos低値は,腰痛患者にトリガーポントが存在する場合に,異なった検者で確実に決定することができないことを示している.」

岡村麻生先生著が学術雑誌に掲載! 


鍼灸業界で多くの活躍する人材を輩出する大阪医療の教員養成学科!

今後,益々の躍進が楽しみです!

鍼灸師養成学校の教員を目指す方はこちら >>>東洋医療技術教員養成学科<<<

鍼灸師を目指す方はこちら >>>鍼灸師学科<<<

健康と美容に興味のある方はこちら >>>鍼灸健康美容学科<<<