2014 年 12 月 4 日

【言語聴覚士学科】就職出陣式②

みなさん、こんにちは :flair:

今日は、前回に引き続き :!:

先日行われた就職出陣式2年生が語ってくれた思い

一部ご紹介しますね :wink: :rock:

IMG_0287 写真④

『言語聴覚士としての誇りを持って』

言語聴覚士学科2年 宇田 まどか

私が言語聴覚士になろうと決めた時

自分自身に誓ったことが2つあります。

1つはこの人が担当で良かったと思って頂けるような

立派な言語聴覚士になること。

もう一つは、どんなときでも患者さんにとって

心強い存在でいることです。

言葉は、本当に不思議だと思います。

言葉一つで相手を傷つけてしまうこともあれば、反対に励ますこともできます。

言葉が無くても、表情や態度で不安にさせてしまうこともあれば

反対に安心させることもできます。

私は、一つ一つの言葉と接し方を大切にし、患者さんの笑顔が見られるよう

手を差し伸べることができる存在でいたいと思います。

どうしても言語聴覚士になりたい、その気持ちと周りの支えがあるからこそ

今も勉強を頑張れているのだと思います。

就職をすれば、自分が思い描いていたようにいかない時も多々あると思います。

そんな時こそ、自分には乗り越える力があると信じて

言語聴覚士としての誇りを持ちながら、前を向いて歩んでいきたいと思います。

 

 

『就職活動に向けて』

言語聴覚士学科2年 田口 聖梨

私が将来なりたい言語聴覚士像は、患者さん一人ひとりの目線に立って

訓練や支援を考えられる言語聴覚士です。

私は、祖父が脳卒中で入院したことがきっかけで

言語聴覚士になろうと思いました。

当時、祖父を担当していた言語聴覚士が

親身になって祖父の訓練を行っていたのがとても印象的で

いつか私もこのような言語聴覚士になりたいと強く思うようになりました。

私は聴覚系への就職を希望しています。

言語聴覚士の聴覚系への就職は狭き門です。

しかし、聴覚系へ行きたいと決めたからには

自分の夢を実現できるまで最後まであきらめず努力していきます。

これから就職までの間、今まで以上に将来のことを考えながら

就職のことを意識しながら、学校生活を送っていきたいです。

IMG_0282 写真⑤

みんながそれぞれの思いをもって :up:

言語聴覚士という同じ目標に向かって頑張っています :sign02:

私たち教職員も、そんなみなさんを心から応援しています :scissors: :shine:

これからの大変な時期もみんなで一緒に乗り越えていこうね :happy: :rock: :notes:

 

 

 

 

 

学科の詳しい情報はこちら >>> 言語聴覚士学科 <<<