2014 年 12 月 24 日

【薬業科】第7回世界中医薬学会!!

みなさん、こんにちは :flair:

せわしなく過ぎ去る師走ですが

今月の薬業科の様子をお伝えしますね :sign02:

 

12月6日に広東薬学院第7回世界中医薬学会

開催されました :up: :sign02:

そこでは、本校、薬業科医薬品分析専攻の松原尚己さん

ポスター発表を行ないましたよ :wink:

 

そして、なんと :sign02: その発表が

「第七回学術年会及び全国中薬薬理学会青年優秀論文」

選ばれました :sign02:

 

写真は賞状と、松原さんの発表風景と、発表原稿です :happy:

薬業発表

テーマは「中薬の代謝について

~体内での代謝酵素に対する生薬の影響~」です :sign02:

 

内容は簡略に書くと :pencil:

ある種類の薬とグレープフルーツを一緒にとってしまうと

薬が分解されない薬物代謝酵素が阻害される)まま

体内に残ってしまうので、効きすぎ(増強)であったり

副作用がでてしまう場合があるという内容です。

 

このように、薬物代謝酵素を阻害する、あるいは

増強する成分やその成分を含む薬を検索することは

新薬の開発に有用であり :up:

これからも進めていかなければならない重要な研究なんですね :shine:

 

学校生活で学んだことがしっかりと活かされていますね :sign02:

教職員にとっても感動の出来映えでした :lovely: :shine:

おめでとう :sign02: 松原君 :scissors: :shine:

 

 

 

 

薬業科の詳細は >> こちら <<

オープンキャンパスの詳細&お申込みは >> こちら <<