2015 年 1 月 20 日

第23期 日中合弁学科中国学生・教員来日研修 PART②

先日、中国上海医療器械高等専科学校から18名の短期研修生が来校しました :notes:

まず、臨床検査技師科では、さまざまな検査機器を紹介。

学生さんたちは、熱心に写真を撮ったり、メモをとっていました :sign02:

IMG_7885IMG_7884

そして鍼灸師学科では、はりやお灸を体験。

はりを体験した学生さんは、腰痛で、中国でも毎週はりをうっているとのこと。

でも中国のはりは日本のはりよりも太くて、激痛を伴うため、

日本のはりと赤外線治療は、とても気持ち良かったとのことです。

そして、バスケットボールで、つき指をして指が痛いという学生さんと先生は、お灸を体験。

こちらも痛みが楽になったとのことでした。

IMG_7896IMG_7907

治療を受けていただいた3名は附属鍼灸センターの鍼灸師の先生と記念撮影 :notes:

IMG_7910

つづいて、薬業科では、医薬品や漢方薬について紹介。

日本の医薬品はよく効くため、日本滞在中に、いっぱい買って帰るとのことです。

IMG_7920IMG_7921

これからも滞在期間、日本の文化や医療についてたくさん学んでくださいね :sign02:

そして、将来、医療現場で活躍し、日本と中国の架け橋になってくれたらと思います :notes:

IMG_7927