2012 年 10 月 16 日

☆★☆検査紹介☆★☆【言語聴覚士学科】

みなさん、こんにちは :sun:
.

いつも言語聴覚士学科のブログをご覧いただきありがとうございます :happy:
.

さて、脳血管障害等により、脳に様々な損傷を受けると

.

言葉がうまく話せなくなるなどの障害を抱えることがあります :cry:
.

そこで、言語聴覚士は種々の検査を駆使して脳の働きを調べます。

.

今回は、その検査の一部をご紹介します :wink:
.



.

これは、「標準失語症検査(SLTA)」といい、

.

聴く・話す・読む・書く・計算の5つの項目からなります。

.

例えば、「話す」の項目では、絵を見てその名前を答える呼称課題などが用意されており、

.

臨床場面において多くの言語聴覚士に使用されています。

.

失語症のリハビリテーション計画を立てる際の情報を得ることなどを目的としており、

.

言語聴覚士にとって必須の検査といっていいでしょう(`・ω・´) :shine:
.

次回はどんな検査が登場するか・・・お楽しみに :D
.

言語聴覚士学科(昼間部)を希望の方はこちら>>>
.
言語聴覚士学科(昼夜間部)を希望の方はこちら>>>